洋服をレンタルすると言うのは一体どういう仕組みなのか

冠婚葬祭以外の日常の衣類がレンタルできる

年々増える利用者

レンタルですから購入しないで良いという事で、衣類の出費は明らかに減るでしょう。 箪笥の中の着ない服がなくなってすっきりするかもしれません。 限られた収入の中からファッションにかける金額はそれぞれですが、自分にあって、節約もおしゃれもできるなら利用したいものですね。

家からタンスがいらなくなる

近年レンタルファッションは急成長を成し遂げています。
もともとアメリカやヨーロッパでは早くから存在していたようです。
これは今後の日本のアパレル産業に大きな影響を与え、変革の時が来たとも言えます。
企業として当然ペイしているから成り立つのであって、ユーザーも便利でWinWinの産業とも言えますね。
レンタルしをして気に入った場合やそうでない場合の状況はデーター化され、今後の市場に役立つ情報となり、ますます便利に多くの利用者の要望に答えられるようになっていくでしょう。
レンタルファッション業界がターゲットにしている年齢層はだいたい、10代から50代が中心になっているようです。
所謂おしゃれ世代ですね。
実際どのような利用のされかたをしているのでしょうか。
利用するレンタルサイトは沢山あり、また利用方法も運営サイトによってかなり違いがあるようです。
プランによって月額料金が異なりますので、自分のライフスタイルやニーズによって考慮しないと高い買い物になるかも知れません。
最初にお試しの無料体験ができるものもあるので初心者は利用してみると良いでしょう。
殆どが料金によって交換費用が無料とか、借りる洋服の数が多くなる等の違いが出てきます。
また、ノーブランド商品と特定の高級ブランドをターゲットにしたものとでは当然月額料金は違ってきます。
自分は何を求めて利用しているのか、色々な使い方を参考にして、生活の一部として気持ちよく利用していきたいものです。

プランと使い方

料金の違いだけでなく、様々なプランがあります。 そのプランも運営サイトによってかなり違ってきます。 夫々がターゲットとする対象年齢層も異なるので、お気に入りのブランドやサイズの種類の多さやコーディネイト、月に何枚借りられるかなどの詳細チェックをしましょう。

今後改善すべき問題点

交換もできるし、高級ブランドも着ることができる良いことだらけに見えますがどの様な問題点や 利用者の不満があるのでしょうか。 実際に利用した、または、一旦利用したがすぐやめたなど、それなりの理由があるようです。 いったいどの様な問題があるのでしょうか。 その実態を調べてみました。

TOPへ戻る